🍂シミ治療の季節です🍂

シミ治療に最適な秋になりました

夏の間(紫外線が強い春から夏にかけて)はくすみ・肝斑治療を根気よく続けていただきましてありがとうございます

お待たせいたしました

この時期からクリニックではシミ治療(スポット照射やフォトフェイシャル)の患者様の予約でいっぱいになります

今年からピコレーザーも加わりましたのでシミ治療の選択肢が増えました

 

そこでよく患者様から質問されるシミ治療に関する内容をQ&Aにしてみました

 

・Q1:シミ治療はどのような方法がありますか❓

A: 気になる部分だけ照射するスポット照射(照射後テープを貼っていただくようになります)と全体的に照射するフォトフェイシャルのどちらかをご希望に沿って選択します。

シミの状況と患者様の日常生活に合わせて計画を立てさせていただきます。

 

・Q2:1回照射すればシミが取れますか❓

A: 照射方法やしみの状態により1回で取れる場合もありますが数回かかる場合もあります。

脂漏性角化症(老人性イボ)の場合は皮膚の厚みがあるので数回はかかります。

 

・Q3:テープは1週間だけ貼ればよいですか❓

A: 1週間でシミが取れない場合があります。

紫外線対策を含めて2~3週間くらいテープを貼っていただくこともあります。

 

・Q4:シミが薄いほど取れやすいですか❓

A: レーザーは黒いものに反応するので比較的黒く濃いシミの方が取れやすいです。

 

・Q5:また同じ所にできますか❓

A: 1回消えてもまた同じ所に出来ることはあります。

洗顔やメイク時のこすりすぎや紫外線対策などを気をつけていただけるとシミの予防ができるかと思います。

 

・Q6:赤みがなかなかとれなくて心配です。

A: シミが取れた後には炎症が起こります。

赤みは炎症です。炎症が強いと炎症性色素沈着が起こる場合があり、少し赤黒くなるのでシミが取れたのにまたシミが出来たと思われる方もおります。

炎症は3か月くらいで治まりますが、個人差があり6カ月くらい赤みが続くこともあります。

基本的に同部位に再照射が必要な場合には、炎症が落ち着いてからの照射になります。

 

・Q7:シミ治療はなぜ秋から始めるのが良いのですか❓

A: 春〜夏は紫外線が強いためオススメできません。

特に照射前後に日焼けしてしまうと、照射による炎症も加わり余計にシミを濃くしてしまったり火傷を作ってしまう可能性もあります。

どうしても照射をしたいと言われる方もいらっしゃいますが、照射後はかなり厳重な紫外線対策が必要となります。

 

・Q8:肝斑治療とシミ治療は違うのですか❓

A: 肝斑・くすみとシミは違う層にあります。

肝斑やくすみは深い層、シミは浅い層にできます。

治療に使用する機械やモードを変えて深い層(肝斑・くすみ)や浅い層(シミ)にターゲットを当てて治療していきますので、それぞれ別の治療になります。

女性の方は化粧やメイク落としの際に肌に摩擦を与えることが多い為、ほとんどの方が肝斑やくすみがあると思われます。

大抵の方は表面のシミの方が濃く見えるためシミ治療が目的で来院されますが肝斑やくすみがシミと同部位にあることが多く、シミを先に治療をする事により肝斑やくすみを刺激により悪化(濃く)させてしまいます。

同部位にある場合は肝斑とくすみを治療してからシミ治療を始めていただくようご案内いたします。

 

・Q9:シミ治療の前に行う肝斑くすみの治療は何回くらい必要ですか❓

A:  3〜4週間ごとに5回〜10回程度のレーザー照射が必要になる方が多いです。(個人差があります)

肝斑・くすみが落ち着いてきたら、そのあとシミの状態に対してより適切な方法でシミ治療を始めさせていただきます。

 

・Q10:洗顔・メイクはすぐできますか❓

A:  洗顔・メイクは当日から可能です。

照射後にテープを貼っていただく場合はテープの上から洗顔・メイクが可能です。

強くこすってしまうとテープが剥がれてしまいますので優しくこすらないように注意が必要です。

テープを貼らない治療の場合も同様で、こすりすぎにより上手くシミが取れないこともあります。

 

シミ治療、あっという間にきれいなお肌になるんだろうと期待される患者様が多いですが個人によってお肌の状態も違いますので治療の順序やペース・回数も違います

長年シミ治療をみて思うことは焦らずゆっくり時間をかけて行うことが成功のカギだと思います

 

これからシミ治療をしたいと考えていらっしゃる方に少しでも参考になれば