👀眼瞼下垂👀

当院では眼瞼下垂の問い合わせがとても多いです

眼瞼下垂って何と疑問に思われる方も多いかと思いますが、

基本的に①眼瞼の筋肉が伸びてしまって容易に目を開けることが難しくなり、目を開けた時に黒目の部分がまぶたで覆われてしまう状態、②加齢や擦りすぎなどによりまぶたの皮膚が弛んでしまい目を開けにくい状態、また①と②両方の状態の場合もあります

いずれにしても目を開けにくい状態なので一生懸命目を開けようとする為に眉が上がりそれに伴い額にシワができたり、ひどい症状になれば頭痛や眼瞼痙攣・肩こりなどの症状が出ることもあります

 

ここで私の症状ですが、②の皮膚のたるみによる眼瞼下垂の状態でした

30代後半頃より皮膚にたるみが出てきており、眉をかなり上げているせいか眼と眉の距離が長くなり顔のバランスも崩れてきました

眉をかなり上げているせいか、最近ではBOTOXが必要になるほど額にシワができバカボンのパパ状態になっています

またBOTOXで額のシワができるのを止めてしまうと今度はまぶたが重くなり眉を上げようと眉に力が入ってしまいます💪

そうなると眼の疲れや肩こり出てきますし、ひどい時には頭痛もありました

見た目的には若かりし頃にあった二重のラインはなくなり奥二重のように見えます

毎月顔全体にレーザーを当て、額のシワは定期的にBOTOXでハリを出していただいているので肌や額を褒めていただくことがあります(ありがたいことです)

昔は肌や額よりも目を褒められていたのに今は誰も褒めてくれないなぁと悲しく思っていました(もう何十年も前の話ですで当たり前だと笑われそうですが)

前述したように眼と眉毛の距離も広くなり輪郭のたるみも出てきたせいか全体的に間延びしたように感じます

数年前から院長に相談しており、『手術した方が良いよ』と言われていましたが、何となく褒められていた目を変えてしまうのはどうなのかな?と思い(もう褒められてはいないのに)躊躇していました

 

そんな時に友達が当院で眼瞼下垂の手術することになりました

術後の経過を見ていくうちに、それほど人が変わるほど目の感じも変わらないし明らかに若く、しかも可愛くなってるではないか

よし私もやってみようと思い覚悟を決めたのです

 

いざ手術となるとワクワク感と若干の怖さがありました

ちょっと拍子抜けしましたが、思っていたより痛みも少なくビックリしました(痛みの感じ方はそれぞれなので私個人の感想です。)

数回、麻酔時に多少の痛みは感じますが数秒なのであっという間に終わってしまいます

あとは何かされている感覚はありますがライトが少し明るく感じるだけです

手術が終わってからもすぐに痛み止めを服用したので手術後の痛みは全く感じません

腫れと内出血はありましたがメガネをかければよく見ないとわかりません

意外に自分が思っているよりも周りには気づかれないです

術後の経過ですがなかなか思うように腫れがひかないこともこともあり(ちょっと?)イライラすることもありましたが、途中からこの経過を楽しもうと考えを切り替えると毎日変化してくるのが楽しくなってきました

今日で手術後14日ですが腫れもかなり落ち着いて内出血も茶色く変わっているので化粧で隠してしまえば違和感がない状態です

自分ではまだ若干の腫れを感じますが周りは全くわからないでしょう

そして肩こりと頭痛がなくなったことは言うまでもありません

 

写真はまたの機会にブログにアップできればと思っています

 

眼瞼下垂の御相談(カウンセリング)についてはお気軽にお問い合わせください。💁

 

 

 

 

眼瞼下垂詳細ページはこちら